慰謝料請求の時効

投稿者:
Pocket

慰謝料請求には「時効」があります。

浮気の不貞行為など
慰謝料請求の原因を知っていた場合と
知らなかった場合とで2つの時効がある
のです。

一般的に「時効は3年」と覚えておいて
ください。

浮気・不倫があったことを知って
すぐに慰謝料請求すれば何ら問題は
ないのですが

その時は慰謝料を請求はしなくても
良いと思っていたのですが

後になって、やはり慰謝料を請求しよう
と考え直した場合です。

浮気や不倫など
不貞行為があったことを「知った日」から
3年が時効なのです。

もう一つは
浮気、不倫などの不貞行為を全く知ら
なかった場合です。

その場合「時効は20年」です。

つまり15年前に浮気があったことが
15年後の今になって、初めて知った。

その場合、20年の時効になっていない
ために、慰謝料請求できるのです。

時効年数の違いを知っておいて下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA