誓約書があっても慰謝料が取れないケース

投稿者:
Pocket

無理矢理書かされた「誓約書」

社会の事件を見ていると
警察の過剰で強引な尋問により

無実でありながら、犯行を認める自供に
追いやられる、いわゆる「自白強要」に
よる冤罪事件が多くあります。

浮気や不倫の事実があって
法的に慰謝料を払わなければならない場合

相手に呼び出されて
慰謝料を請求されることがあります。

そして無理やりに慰謝料を払う誓約書に
サインさせられる場合もあります。

仮にあなたが浮気とか不倫とか
慰謝料を払わなければならない行為を
行ったとしても

無理やり脅かされて書かされた誓約書は
”無効”とすることができるのです。

「今月中に500万円払います。」と
仮に誓約書にサインをしたとしても

払わなければならないことはないのです。

ただし、あなたに浮気とか不倫の違法行為が
あるならば”適正な慰謝料額”を払わなければ
ならない義務は残ります。

ウェルエージェンシーでした

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA