婚約破棄の慰謝料請求で重要な2つのポイント

投稿者:
Pocket

konnyaku001 (2)

婚約破棄で慰謝料請求するときに知って
おかなければならない2つの重要なポイ
ントがあります。

1.婚約していたのか
2.婚約破棄の原因は何か

この2つのポイントをクリアしないと
慰謝料を取ることができません。

婚約していたのか

婚約もしていないのに「婚約破棄」と
言っても、認めてもらえません。

「婚約」とは結納を交わすとか、両家
の両親の顔合わせをしなければならな
いわけではありません。

婚約指輪がなくてもいいのです。

お互いが硬い結婚の約束

をすれば「婚約なのです。

しかし、大きな勘違いをしている人が
多いのです。

「結婚を前提で交際している」とか
「将来、結婚する予定で同棲している」
ので「婚約」していると勘違いしている
人が多いのです。

相手の両親に挨拶しようが、同棲しよう
が、結婚前提である限り「婚約」とは
言えないのです。

婚約破棄の原因は何か

婚約破棄をしたとか、婚約破棄されたから
と言って、何でもかんでも慰謝料請求でき
るわけではないのです。

婚約破棄となった原因が何なのか?
その原因は誰にあるのか?

婚約破棄となった原因が、法律で定める
ところの「不当な原因」に該当する場合
に限り、慰謝料が発生するのです。

ウェルエージェンシーでした

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA