【冤罪事件】高畑裕太「不起訴処分」で保釈

投稿者:
Pocket

takahata001s

高畑裕太が不起訴処分

女性に対する強姦致傷罪で
マスコミメディアが騒いでいた

高畑裕太が「不起訴処分」で
保釈釈放された。

高畑側の弁護士によると
「被害者と示談が成立した」という。

何故、不起訴で保釈となったのか

強姦致傷罪は被害者の告訴がなくても
起訴できる重大犯罪であり、

悪質性が低いとか、犯罪の成立が疑わしい
などの事情がない限り、起訴は免れない。

お金を払ば勘弁してもらえるなど
という簡単なものではないのだ。

必ずしも「不起訴」とする必要はない。

それが「不起訴処分」
警察側からは詳細の発表はない。

しかし、高畑側の弁護士は
「違法性」はなく「無罪」と考えている。

わいせつ事件での「冤罪」

女性が被害者となる「わいせつ事件」
においては、一般的に女性の言い分が
優先される。

実録、冤罪痴漢事件

事実を立証する「証拠」もないまま
被害者の訴えが最優先され、警察当局も
動く。

警察の捜査発表を取材陣が取材し
報道する。

しかし、報道は容疑者の罪を決めつけて
解説する傾向にある。

世間では報道番組に拍車をかけて
時には真実が歪められて伝達されること
がある。

報道番組といえど「片聞き」の情報に
基づく、信憑性がはっきりしない報道
を信じ切ってはいけないのだ。

ウェルエージェンシー

スポンサーリンク


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA