高畑裕太の強姦致傷事件の真相を考える

投稿者:
Pocket

takahata001s

事実はどこにあるのか

高畑裕太の強姦致傷事件事実を確認
しなければならない。

ネットやSNSで好き勝手なことを言う人の
多くは事実を知らないはずだ。

彼らが知っているのは
マスコミメディアが流す情報だけであり
それを真実と思い込んでいる。

マスコミメディアは警察当局が公開する
捜査情報を事実として、書き立てる。

それならいいのだが、
クズな記者は部分的な情報だけで
容疑者を犯人と決めつけて記事にする。

法律の専門家コメンテーターとして
解説するのだが、

この中にも、プロの目で解説する人と
アホな解説しかできない人がいる。

テレビ視聴者は「弁護士」の言うこと
だから正しいと思い込む。

何が正しくて、何が間違いなのか
大局的、公平的な目で判断して記事を
みる人は極めて少ない。

事件の真相をどう読むか

高畑裕太が強姦致傷の容疑で逮捕されてから
「不起訴」で釈放されるまでの間に

信憑性のある「事実」があったのか

高畑裕太が逮捕された事実だけで
犯行の状況は(これも推測だが)

被害者女性の被害届に基づき
警察が捜査発表できる部分を公表

マスコミメディアが「事実」として
書き立てたと推測する。

男女平等と叫ばれる中、強姦、わいせつ事件
などにおいては、被害者女性の言い分が
あたかも真実と報じられる傾向がある。

紐解けば、犯行内容に関する「事実」が
全くと言っていいほどないのだ。

事件性があるのかないのか
判断できるだけの「事実」「証拠」が
揃っていなかったのだ。

事件として報道するマスコミにしても
被害者女性、もしくは代理人を通じて
コメントは一切、記事にできなかった。

●フジテレビのバイキングという討論番組に
郷原弁護士がコメンテーターとして出演

「強姦致傷といっても、様々な事案がある。
まだ逮捕されただけの段階であり、
起訴されるかどうかもわからないのだから

重大な犯罪を行ったとの前提で
先走って話をすべきではない」と発言。(事実)

連日、ワイドショー等でも大々的に取り
上げられた。

この時点で、客観的に明らかになっていた
事実は、「強姦致傷の容疑で逮捕」だけである。

それ以外に、本人や弁護人のコメントはなく、
「容疑を認めている」という情報についても、
警察の正式コメントか否かも不明であった。

弁護士郷原信郎のサイト
http://blogos.com/article/189984/

”1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授” 成功者続出!!初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術

事実関係を整理

1.高畑裕太は映画の撮影のため
撮影スタッフが泊まるビジネスホテルに
連泊した。(真実)

2.高畑裕太は当日酒を飲んでいて
かなり泥酔していたという(情報の根拠なし)

3.ビジネスホテルには
被害者と言われる40代女性が一人勤務して
いた(真実)

4.高畑裕太がフロントに電話して
「歯ブラシがないから持ってきて」と
頼んだ(被害者女性の証言・推定)

5.歯ブラシを持ってきた女性を無理やり
部屋に引きずり込んで、強姦となった。
(被害者女性の証言・推定)

6.犯行時間が午前2時から2時25分ごろ
(被害者の証言・推定)

7.女性が男性友達に相談して
警察への通報が午前3時ごろ(事実・推定)

8.2016年8月23日、強姦致傷罪で
高畑裕太が容疑者として群馬県警に逮捕された
(事実)

9.高畑裕太の証言「性欲を抑えきれなかった」
(情報の出どころが不明)

10.8月26日、高畑裕太の母親である、
高畑淳子が謝罪記者会見(事実)

11・メディア各社が事件を報道(事実)
●フジテレビのバイキングという討論番組に
郷原弁護士がコメンテーターとして出演

「強姦致傷といっても、様々な事案がある。
まだ逮捕されただけの段階であり、
起訴されるかどうかもわからないのだから

重大な犯罪を行ったとの前提で
先走って話をすべきではない」と発言。(事実)

弁護士郷原信郎のサイト
http://blogos.com/article/189984/

●東京ブレイキングニュース
最も重点的に論じなければならないのは
高畑淳子さんの「心痛」より、

40代の被害者女性の「心痛」では
ないだろうか。

前述したように強姦致傷は重い。
このような事件の被害者になってしまった、
女性の今後の人生はいかばかりか。

180cmはある体格のよい男性客(高畑容疑者)
にいきなり、手を引っ張られ、ベッドに
押し倒された時の恐怖
http://n-knuckles.com/serialization/hisada/news002303.html
(犯行模様は公表されていなかったはず⇒憶測)

12.一部マスコミメディアは
高畑裕太の犯行に対して、批判的な報道(事実)

13.愉快犯とも思われる人物が
被害者女性の顔写真と言って、全く別人の写真を
SNSに投稿し、拡散(事実)

14.9月9日、強姦致傷の容疑者、高畑裕太は
前橋署から「不起訴」で釈放(事実)


不起訴の事実をどう考える

強姦罪についてヤフーニュースでは

被害者の怪我が比較的軽いため、
被害者からの告訴の必要はない
強姦致傷ではなく

告訴が必要な強姦での立件を検察は
検討したが、今回の示談成立で

被害者側が告訴を取り下げ、
釈放につながったとみられる。

強姦罪を「親告罪」として報道している。

強姦罪が親告罪であり、示談により被害者が
告訴を取り下げた

と解釈するのか

強姦致傷罪は被害者の告訴がなくても
起訴できる重大犯罪

と解釈するかによって
高畑裕太の犯行内容に関する真相の
推測が違ってくるのである。

被害者と言われる女性にによる
「ハニートッラプ」と推測する人もいますが

仮に「ハニートラップ」であるならば
高畑裕太の受けた精神的かつ経済的な損害は
計り知れない。

被害者女性に対する「告訴」があっても
不思議ではない。

いずれにしろ
「示談内容」がどのようなもであったのか
非常に興味深いところである。

ウェルエージェンシー

 

7step
SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」。レスポンシブWebデザインにも対応!パンダアップデート・ペンギンアップデートで悩むサイトオーナー様必見のSEOマニュアルが付属!

hp_68117
天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA