ASKA 覚せい剤 タクシー会社が謝罪

投稿者:
Pocket

20161129_115527s

昨日、ASKA容疑者とタクシー運転手の
やり取りがわかるドライブレコーダーの
画像がマスメディアにより公開されたこと
に対して疑問を投げかけました。

覚せい剤 ASKA容疑者否認と情報の漏洩

問題の車内映像はタクシー会社
チェッカーキャブ内で録画された
ものでした。

チェッカーキャブでは
「現在、マスコミ各社にて放送されて
いる映像は、当グループ加盟の1社より
マスコミへ提供されたもの」と認め

謝罪しました。

大手各社は「驚き」の声
タクシーのドライブレコーダーは
乗客とのトラブル(暴行、強盗など)や
交通事故が起こった際の状況証拠など
防犯対策や乗務員保護を目的としている
ものです。

「ドライブレコーダーの記録映像に
対しては社内で厳格な運用基準があり

第三者への映像提供は、警察の捜査依頼
など、公的な文書がある法令に基づいた
事象のみ」

として
日本交通、国際自動車など大手各社は
「第三者へ見せることはない」として
驚きの声をあげていました。

詳細を見る

ウェルエージェンシー

7step
1日1時間7日間のカリキュラムでトレーダーの道を開く【相場師朗】 7step株式投資メソッド

hp_69242
トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-

kabudokan
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信、元メリルリンチ証券トレーダー平田和生が情報発信。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA