上西小百合と松居一代との違う点

投稿者:
Pocket

ネット配信の利用の仕方
加計学園や北朝鮮のミサイルより
大騒ぎになっているのが
上西小百合と松居一代のネット配信
である。

被害者と訴える松居一代
動画配信を利用して
同情心を引く作戦なのか
船越英一郎氏を非難するとともに
自分が被害者であることを訴え
続けている

喧嘩を売る上西小百合
上西小百合の場合は
相手が怒ることを想定して
ネット配信で喧嘩を売っている。

対応の仕方が違う
しかし、共に対応の仕方が
大きく違う。

船越英一郎は松居一代に
勝手なことを散々言わせておき
タイミングを見計らって
民事事件で訴えることになった。

片や浦和のサポーターは
「殺人予告」とか「事務所に
直接押しかける」などやっては
いけない行動を起こした。

浦和のサポーターが怒る気持ちは
十分に理解できる。よくこの程度
の行動で我慢したとも思う。

犯罪者になるほどの価値があるか
しかし、上西の言葉をまともに
受け止め、殺人予告や押しかけ
などをすれば、事情はともあれ
犯罪者になりかねない。

あんな戯言をまともに聞いて
犯罪者になるのは

もったいない話である。

サポーターが間違った行動を
すれば

上西に同情心が集まることにも
なりかねない。

世の中、理解ができない考え方を
する人間が多すぎるものだ。

殺人予告など大事になるとは思っていませんでした
あれだけネットで喧嘩を売った
のだから、殺人予告などの反撃
を受けるのは想定内のことだ。

しかし、自分を正当化して殺人
予告など想定外と訴える上西。

おそらく影の公設秘書、笹原
雄一のシナリオと考える。

騒ぐサポーターは笹原のまな板の上
わざと相手を怒らせる戦法が
ある。

上西が浦和のゲームを非難した本意
はわからない。

本当に頭が悪いのか?
悪役政治家でも良いから
目立ちたかったのか?
アクセスを増やしてSNS商法で
稼ごうとしたのか?

いづれにしても
まともに喧嘩を買うことは
愚かなことと言える。

ウェルエージェンシー

SPONSOR LINK

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA