今井絵理子は「略奪不倫」であったのか

投稿者:
Pocket

参院議員の今井絵理子が不倫騒動を反省
週刊新潮の記事が発端となり報道
番組やバラエティー番組で今井絵
理子の不倫疑惑問題が取りざたさ
れています。

今回の騒動に対して、
今井絵理子は
「この度は心から応援してくださ
っている皆さまには、私の軽率な
行動により、多大なるご迷惑とご
心配をおかけしたことに対しまし
て深くおわび申し上げます。

そして自由民主党が大変な時期に
私事でさらなるご迷惑をおかけし
ましたことにつきましても重ねて
おわび申し上げます。」
と謝罪しました。

週刊新潮の「略奪不倫」に強く反発
週刊新潮の記事も、ニュース報道
番組でもワイドショーでも「不倫」
と決めつけて、今井絵理子と橋本
市議を非難しています。

しかし、今井絵理子にしては
「略奪不倫」については強く否定
して「一線を越えていません」と
強調しました。

お互いの交際を認める橋本神戸市議
橋本市議の会見によれば
今井絵理子に対して好意があり
お互いの交際を認めています。

しかし、2人が泊まったホテルでは
原稿を書いていただけで不貞行為は
なかったと会見で述べています。

橋本市議の会見全文

今井絵理子は略奪不倫なのか?
この問題を考える場合
法的な側面からみて2つの重要な問
題を明らかにしなければなりません。

◎今井絵理子と橋本市議との間
で「不貞行為」があったのか?

◎橋本市議の婚姻関係は破たん
していたのか?

不倫とは何なのか?
ワイドショーなどでは
出演者たちが感情論で、2人の行為
に対して「一線を越えている」つま
り「不倫」と非難する人が多いよう
です。

一方。今井絵理子はお互いの交際を
ほぼ認めながらも、「一線は超えて
いません」つまり「不貞行為」はあ
りませんと強調しています。

では不倫とは何のでしょうか?
法律では、結婚している男性もしく
は女性(婚約中の男女も含まれる)

配偶者若しくは婚約者以外の異性と
不貞行為いわゆるセッ〇スすること
をいいます。

不貞行為はあったのか?
週刊新潮のスクープについて
橋本市議は掲載されている行動内容
についてはほぼ認めています。

ただし、不貞行為については否定
しています。

では、本当に不貞行為はなかった
のか?

不貞行為があっても当然
結論から言って、「不貞行為」は
あったと推定しています。

一般的に交際中の2人が、ホテル
に泊まれば、不貞行為があったと
推測されるケースが多いのですが

週刊新潮が報じた今井絵理子のパ
ジャマ写真は今井絵理子と橋本市
議は別々の部屋に泊まったことを
証明しています。

今井絵理子が橋本市議の部屋へ行
ったと報じながらも、あれだけの
スクープ写真を撮りながら、部屋
へ行った写真があれば別ですが

今井絵理子が橋本市議の部屋へ行
った証拠がなければ、逆に不貞行
為を否定することにもなります。

しかしながら、今井絵理子の謝罪
に関しても橋本市議の会見にして
も、法的側面から

橋本市議の
「婚姻関係の破綻」
を強調しすぎていると感じます。

橋本市議の弁護士さんがバックに
橋本市議が離婚調停を行っている
からには、弁護士さんが控えてい
ると推定できますが

橋本市議の離婚調停において婚姻
関係が破たんしていると判断され
れば、不貞行為があっても法的に
は問題ないのですが

婚姻関係が破たんしていないと判
断されれば「不貞行為」は非常に
大きな問題となります。

離婚調停で離婚が成立しても橋本
市議だけでなく今井絵理子も橋本
市議の妻に「慰謝料」を払わなけ
ればならない事態にもなります。

週刊新潮の写真や記事では「不貞
行為」を証明することは難しいと
判断すれば、徹底的に「不貞行為」
を否定するのが得策なのです。

「不貞行為」を推定はするのです
が、決定的な証拠は今のところあ
りません。

橋本市議の婚姻関係は破綻していたのか
一般的な「不倫問題」「慰謝料請
求問題」で婚姻関係が破綻してい
るかどうか問われるケースが非常
に多くなっているようです。

単に「愛情が無くなった」とか
「別居している」とか今回のよう
に「離婚訴訟」をしているだけで
は「婚姻関係」が破綻していると
は言い切れないようです。

今回の騒動において
橋本神戸市議の婚姻関係が破綻
していたかどうか

最重要な問題と言えます。

一般的な不倫問題、離婚問題で
「婚姻関係の破綻」が争点になる
ことが多いようですが

裁判においても
事実関係を証明する「証拠」に
より判断するのが現実であり

簡単に結論を出せるものでは
ないようです。

橋本市議の離婚訴訟の「訴訟
理由」と「事実関係」まで追求
しなければ、軽々しくコメント
などできないのです。

ウェルエージェンシー

SPONSOR LINK

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA