橋本健に騙された今井絵理子

投稿者:
Pocket

不倫する勇気がない

人を好きになったら
理性では抑えることが
出来ないことが多い。

たとえそれが不倫であっても
自分の感情を抑制することが
難しい。

不倫は「罪悪」として
非難する人がいるけれど

正義というより
不倫をする「勇気」がない
だけの人が多いはず。

今井絵理子にしても
話題の橋本健、神戸市議との
不倫疑惑で

多くの有権者から非難を
浴びせられた。

 

政務活動費の不正受給問題

しかし、橋本健の場合
不倫疑惑より

政務活動費の不正受給疑惑が
問題になっている。

「不正は行っていません」と
豪語した橋本氏だが

発注したビラを証拠として
出すこともできずに

架空発注、偽請求書、偽領収書
などの疑いが濃厚になった。

加えて、業者に対して
口裏あわせの要求をメールで
送るといった

お粗末な行動をとった

女にズルいが、常識には頭の弱い橋本健

720万円ビラの作成料だと
言いながら

1枚もビラがない。
政務活動費をうまく横領するなら
それなりの証明できるものを準備
するものだ

頭が弱すぎる

加えて、すぐに真実がバレるのに
「不正は行っていない」と豪語。

豪語するだけの根拠など
まったくないのだ。

頭の悪さがでたのが
業者に対して口裏合わせのお願いを
メールで送ったこと。

「私は口裏合わせを行いました」
と言っているのと同じ。

どこまで「頭が悪いのか!」
信じられない。

辞任すればいいという問題ではない

選挙においては
有権者に「お願いします。
お願いします。」

市民を裏切って
政務活動費の不正受給。

ことが公になり
逃げ場がなくなると

非を認め、謝罪することもなく
電話1本で「議員辞職」

社会人の常識の欠片もない
タイプの男だった。

これまで給料として受け取った
市民の血税を返還させる法は
ないものなのだろうか?

話は反れるが
豊田真由子にしても
秘書の松森俊逸にしても

給料を支払うこと自体おかしな
ことだ。

女が騙される危険な男のタイプ

橋本健は口先だけの作り話が
得意のはず。

女房の悪態に我慢し続けている
とか

自分勝手の離婚裁判を
家庭が崩壊していると被害者を
演じて

今井絵理子の母性本能を
利用したものと推測する。

ベッキーとゲスの川谷と同様に
今井絵理子もゲスの橋本の口車に
乗せられてしまったのでは
ないだろうか?

いずれにしても
この手の男たちに騙される女性が
多いのは間違いないのだ。

流浪猫

スポンサーリンク

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA