日大アメフト問題。内田前監督の傷害罪での立件見送り

投稿者:
Pocket

日大アメフト問題で、危険なタックルで大けがを受けた関西学院の被害者の奥野氏が、内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチを傷害罪で訴えていたが

「危険なタックルを指示した」という決定的な事実証拠がないため、警視庁では書類送検するが、東京地検立川支部では2人の立件を見送ることとなったようだ。

警視庁ではアメフト関係者200人に事情聴取したが、2人が「危険なタックルを指示した」ことが認められなかったという。

民事事件においては状況証拠といえど強力な武器となり、裁判長の判断に委ねることになるのだが、刑事事件となると決定的な「証拠」がなければ立件できないのが、法治国家日本なのだ。腹立たしいのだが仕方がない。

第三者委員会が2人のタックル指示を認めた「やったな」という一場面の会話は、厳密に判断を下すならば、状況としてかなり疑わしい状況ではあっても、決定打とは言えない。悪代官と越後屋の秘密の会話の録音でもあれば立証できるのであろうが、そのような録音テープはない。

となると第三者の証言が大きなカギを握ることになる。警視庁で200人に事情聴取したというが、2人が宮川選手に危険なタックルを教唆した証言が本当に得られなかったのであろうか?

証言者を探し、刑事告訴に持ち込むことがスッキリさせる唯一の手段ではないだろうか。

ウェルエージェンシー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA