徒歩尾行調査の基本原則

Pocket

尾行調査を行う場合、どんな状況でも
必ずしなければならなくなるのが
徒歩尾行です。

出勤で駅まで歩いて行く。
車をとりに駐車場まで歩いて行く。

電車で尾行しても、電車の乗り換え
電車を降りて街中を歩く。

車両で尾行する場合でも、車を駐車場に置いて
買い物や食事をする

どこかの局面で
必ず徒歩で尾行しなければならない
局面があるのです。

言い換えれば、「徒歩尾行無くして尾行調査は有り得ない」
とも言えるのです。

徒歩尾行こそ「尾行調査の原点」とも
言えるほどに

基本的かつ重要なものなのです。

尾行調査なんて”人の後をつける”こと
だけと

簡単に思っているかもしれません。

しかし、実際に尾行してみればわかる
のですが、

尾行調査をするときには
気を使わなければならない、たくさんの
注意点があるのです。

プロの探偵たちは細かいことにまで
気をまわしているのです。

尾行調査をする場合には、
注意しなければならない点が
多くあります。

その知識を場面に応じて
使いこなさなければならないのです。

今本書を読んでいるあなたは
経験がなく、尾行など“初めてだ”と
いう人が多いと思います。

私どもが19年の経験の中から
会得した尾行調査に関する様々な知識や
ノウハウをあなただけにお教えするのです。

尾行調査で気をつけなければならない
ことは、言葉にすれば全て簡単なこと
ばかりです。

しかし、いざ尾行調査をすると
プロの探偵でも、正しい行動ができない
細かい注意事項がたくさんあります。

できる限りわかりやすく
書き上げたつもりではいますが

まず頭に残るくらい3回~5回は
読み返していただくことを希望します。

併せて、単に読むだけでなく
尾行を行っている場面を頭の中でシュミ
レーションを行って読んで下さい。

本書を書いているプロの私でさえ
実際に尾行調査行うときには

注意点のいくつかを忘れてしまう
ことさえあります。

書かれている注意点全てを実行できれば、
言うに越したことはないのですが

重要なポイントさえおさえ
70%実行できれば結果を出すことが
できると思って下さい。

徒歩尾行に限らず、尾行調査を失敗
する人は“しなければならないこと”と
“してはならないこと”を知らないのです。

尾行調査における具体的な注意点を
説明していきますので、あなたのお役に
立てて下さい。

ウェル探偵事務所



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA